なにかの知識

なにかの知識

5分で学べる無駄知識

生物学

前成説とは?わかりやすく5分で解説

前成説とは、かつて信じられていた生物の発生においてその構造があらかじめ形作られているという説のこと。 簡単に言うと、精子もしくは卵(卵子)の中にミニチュア版の生物の原型が存在し、それが子供になるというもの。 背景 前成説の種類 精原説 卵原説 前…

自由意志とは?わかりやすく5分で解説

自由意志とは、他からの影響を受けないで自由に行為できる意志のこと。 背景 リベットの実験 立場による違い 強い決定論 自由意志論(リバタリアニズム) 両立論(弱い決定論) 道徳的責任 心身問題 脳神経研究 背景 古くから人間は自由意志を持つと考えられてき…

カンブリア爆発とは?わかりやすく5分で解説

カンブリア爆発とは、古生代カンブリア紀に起きたとされる生物の爆発的進化のこと。 この現象によって、今日みられるほとんどの動物門が突然出揃ったと考えられている。動物門とは生物分類の階級のことで、たとえばヒトは動物界、脊索動物門、哺乳綱、霊長目…

総合説とは?わかりやすく5分で解説

総合説とは、自然選択説をベースに遺伝学や隔離、突然変異等、様々な考えを統合した現代の進化論のこと。 背景 種分化の仕組み 遺伝学の誕生 遺伝の仕組み 優性の法則 分離の法則 独立の法則 変異の仕組み 集団遺伝学の誕生 総合説の成立 その後の発展 背景 …

バイオミメティクスとは?わかりやすく5分で解説

バイオミメティクスとは、生物の持つ構造や機能を模倣し応用する技術のこと。生物模倣、バイオミミクリーともいう。 生物模倣の試みは古くから存在する。たとえば航空機発明以前の人類は、鳥を模倣し羽ばたいて飛ぼうとした。1990年頃から、電子顕微鏡とナノ…

CRISPR/Cas9(クリスパーキャスナイン)とは?わかりやすく5分で解説

CRISPR/Cas9(クリスパーキャスナイン)とは、フランスの生物学者シャルパンティエとアメリカの生物学者ダウドナが開発した、従来方法にくらべ圧倒的に簡便なゲノム編集技術のこと。 歴史 背景 人為突然変異の発見 DNAの解明 遺伝子組み換え技術の登場 遺伝子…

フェルミのパラドックスとは?わかりやすく5分で解説

フェルミのパラドックスとは、イタリアの物理学者フェルミが提起した、宇宙には無数の星があり地球外文明が存在する可能性が高いにもかかわらず、地球外知的生命(宇宙人)と人類が接触してないのはなぜかというパラドックスのこと。 背景 ドレイクの方程式 宇…

捕食回避戦略とは?わかりやすく5分で解説

捕食回避戦略とは、生物が捕食されないために取る戦略のこと。 以下にその種類を示す。 捕捉回避 夜行性 日周鉛直移動 保護色 隠蔽擬態 多型 希釈効果 捕食者飽和 アピール 威嚇 ストッティング 擬攻(モビング) 擬傷 疑死 警告色 ベイツ型擬態 ミューラー型…

自然選択説とは?わかりやすく5分で解説

自然選択説とは、イギリスの博物学者ダーウィンとウォレスが提唱した生存競争を進化の原動力と考える進化論のこと。 自然環境が個体の変異を選択することで、生存に有利な変異の保存と不利な変異の排除が繰り返され、生物が徐々に変化していくと考える。そこ…

用不用説とは?わかりやすく5分で解説

用不用説とは、フランスの博物学者ラマルクが提唱した生物の意志を進化の原動力と考える進化論のこと。用不用、獲得形質の遺伝の2つの法則からなる。 発達の限界を超えていない動物において、頻繁に使用する器官は使用期間に比例して発達し、使用しない器官…

送粉シンドロームとは?わかりやすく5分で解説

送粉シンドロームとは、送粉者(風や水も含む)と植物の間にある一定の傾向を持つ関係性のこと。 簡単に言うと花の形や色、香り等は受粉を助ける動物に合わせてデザインされている。送粉者が動物の場合、共進化の一例とされる。 風媒花 水媒花 ハナバチ媒花 チ…