なにかの知識

なにかの知識

5分で学べる無駄知識

数学

超弦理論とは?わかりやすく5分で解説

超弦理論とは、物質を構成する最小単位(素粒子)を1次元の弦(ひも)と考える弦理論に、超対称性の性質を追加した理論のこと。 簡単に言うと、世界はひもでできているという考え。超ひも理論ともいう。 基本相互作用について 電磁気力 弱い力 強い力 重力 歴史 …

エニグマとは?わかりやすく5分で解説

エニグマとは、ドイツの電気技術者シェルビウスが発明した暗号機のこと。 第2次世界大戦でドイツ軍が採用し、イギリスが解読に成功したことで大戦の早期終結につながった。 構造 プラグボード ローター リフレクター エニグマの標準的な運用方法 歴史 エニグ…

四色問題とは?わかりやすく5分で解説

四色問題とは、四色で隣り合う領域同士が同色にならずに地図を塗り分けることができるかという問題のこと。 問題提起から120年以上たった1976年、コンピュータを用いてドイツの数学者ハーケンとアメリカの数学者アッペルによって証明された。四色定理ともい…

ポアンカレ予想とは?わかりやすく5分で解説

ポアンカレ予想とは、フランスの数学者ポアンカレが提唱した単連結な3次元閉多様体は3次元球面と同相という予想のこと。 簡単に言うと、宇宙(3次元閉多様体)に輪を描いて、その輪が1点に縮むことができる(単連結)ならば、宇宙はだいたい丸い形をしている(3次…

フェルマーの最終定理とは?わかりやすく5分で解説

フェルマーの最終定理とは、フランスの数学者フェルマーが提唱したnが3以上の整数の時、x^n+y^n=z^nを満たす自然数の組(x,y,z)は存在しないという予想のこと。 発表から300年以上たった1994年、イギリスの数学者ワイルズによって証明された。 背景 最初の挑…