なにかの知識

なにかの知識

5分で学べる無駄知識

10.19とは?わかりやすく5分で解説

10.19とは、1988年10月19日にダブルヘッダーで行われたプロ野球パリーグ優勝チームが決まるロッテオリオンズ近鉄バファローズの試合のこと

結果は近鉄の1勝1分で西武の優勝となった。 

f:id:gmaj7dmaj7gmaj7dmaj7:20190303161634j:plain

背景

1988年、パリーグ3連覇中の西武がシーズン序盤から首位を独走していた。一方近鉄は6月に主力選手のデービスが大麻所持で逮捕され、急遽外国人選手の補充が必要となった。そこで仰木監督らは中日の二軍にいたブライアントを獲得した。

近鉄はブライアントの活躍もあり、最大8ゲームあった西武とのゲーム差を0.5まで縮めた。これにより、10月19日ロッテとのダブルヘッダー近鉄が2連勝すれば逆転優勝することになった。一方ロッテは最下位が確定し対近鉄8連敗中だった。

1988年の日本シリーズは10月22日から始まるため、近鉄は10月19日までに15連戦という過密スケジュールで試合を消化する必要があった。これは、当時ドーム球場がほとんどなく雨天中止が多かったため。

第1試合

川崎球場

近 000 010 021 | 4 投:小野-吉井-阿波野

ロ 200 000 100 | 3 投:小川-牛島

1回裏

1番西村がヒットで出塁すると、3番愛甲の2ランホームランで2点を先制した。

近0-2ロ

5回表

6番鈴木のソロホームランで1点を返した。

近1-2ロ

7回裏

7番古川が四球で出塁すると、8番斉藤が犠打で送り1番西村が四球で出塁、2番佐藤健タイムリーヒットで1点を追加した。

近1-ロ3

8回表

6番鈴木がヒットで出塁し7番吹石の代打加藤正が四球で出塁、8番山下の代打村上のタイムリーヒットで2点を返し同点とした。

近3-3ロ

9回表

当時のパリーグ規定では、ダブルヘッダー第1試合は延長無しのため、近鉄優勝には絶対に得点が必要だった。5番淡口がヒットで出塁し代走に佐藤を出した際、ロッテは小川に代わってリリーフエース牛島を投入した。

その後6番鈴木ヒットの際に佐藤がホームと3塁に挟まれアウトとなったが、7番加藤正の代打でこの年引退する梨田がタイムリーヒットを打ち1点勝ち越した

近4-3ロ

9回裏

8番袴田の代打丸山が四球で出塁した際、近鉄は8回から登板している吉井に代わって2日前に完投したエース阿波野を投入した。その後9番水上の代打山本がヒット性の当たりを打ったがランナー丸山がセカンド大石と交錯し守備妨害でアウトとなった。

この判定に有藤監督が抗議したが覆らず、その後2番佐藤健がヒットで出塁し、3番愛甲が四球で出塁、2死満塁となったが守りきり試合終了となった。

第2試合

川崎球場

近 000 001 210 0| 4 投:高柳-吉井-阿波野-加藤哲-木下

ロ 010 000 210 0| 4 投:園川-荘-仁科-関

1回裏

第1試合で4安打の2番佐藤健死球を受けた。その際なかなか出塁しない佐藤健に対し、仰木監督が謝りもせずに痛いなら代われと発言した。

2回裏

5番マドロックのソロホームランで1点を先制した。

近0-1ロ

6回表

9番真喜志が微妙な判定で三振となるとコーチ陣が主審に詰め寄ったが、すぐに時間が惜しいと引き下がった。その後1番大石がヒットで出塁すると、2番新井が犠打で送り3番ブライアントが四球で出塁、4番オグリビーのタイムリーヒットで同点とした。

近1-1ロ

7回表

7番吹石のソロホームランで1点勝ち越し、さらに9番真喜志のソロホームランで差を広げた。

近3-1ロ

7回裏

6番岡部がソロホームランで1点を返し7番古川がヒットで出塁した際、近鉄は先発の高柳に代わって吉井を投入した。その後8番袴田が犠打で送り、1番西村のタイムリーヒットで同点とした。

近3-3ロ

8回表

3番ブライアントのソロホームランで1点を取った。

近4-3ロ

8回裏

近鉄は吉井に代わって第1試合に続き阿波野を投入した。4番高沢が阿波野の決め球スクリューをとらえ、ソロホームランで再び同点とした。

近4-4ロ

9回表

1番大石がツーベースヒットで出塁し、2番新井が三塁線へ強い当たりを打ったがサード水上のファインプレーに阻まれた。この時朝日放送のアナウンサー安部憲幸が、This is プロ野球という名実況を残している。

9回裏

7番古川と8番袴田が連続ヒットで出塁し、9番水上の打席となった。その際、阿波野の牽制球でランナー古川がアウトになった。この判定に有藤監督が抗議し試合が9分間中断されたが覆らなかった。

10回表

3番ブライアントがピッチャー関のエラーで出塁したが、後続が倒れ無得点となった。

10回裏

近鉄がロッテの攻撃を守りきった。当時のパリーグ規定では、試合開始から4時間経ったイニングで延長打ち切りとなるため、10回で試合終了となり西武の優勝が決まった。

その他

翌1989年は近鉄がリーグ優勝を果たした。2004年、第1戦に先発したロッテの小川が強盗殺人事件を起こした。