なにかの知識

なにかの知識

5分で学べる無駄知識

修辞技法とは?わかりやすく5分で解説

修辞技法とは、言語表現を豊かにするための技法のこと。レトリックともいう。

以下にその種類と例文を示す。

f:id:gmaj7dmaj7gmaj7dmaj7:20180914221056j:plain

直喩法(シミリー)

説明語句(まるで、みたいに等)を用い類似する物事にたとえる方法

例:タンポポみたいに旅に出た。

例:ひかりは今 巨大な棺桶と化した

隠喩法(メタファー)

説明語句を用いず類似する物事にたとえる方法

例:旅は、真っ白な画用紙だ。 

例:シャッター押すのをやめてじっと、まぶたに焼きつけています。

換喩法(メトメニー)

それと近いものや連想できるものに置き換える方法。下記で食卓は食事の、サクラサクは合格の置き換え。

例:愛は食卓にある。

例:キット、サクラサクよ。

提喩法(シネクドキ)

それが属するカテゴリの上位や下位に置き換える方法。下記の青は空の青や海の青の上位カテゴリ、ハリウッドはアメリカ映画界の下位カテゴリ。

例:あの頃のを探して。

例:ハリウッドがひれ伏した銀行マン

諷喩法(アレゴリー)

たとえ話を用いる方法。下記は人間の行動を表す。

例:能ある鷹は爪を隠す

例:弱い犬ほどよく吠える

擬態法

オノマトペ(擬態語や擬声語)を用いる方法

例:ぽかぽかの、冬にする。

例:私の気持ちまで、カラッと晴れさせてくれた雨晴駅です。

擬人法

人以外のものを人に見立てる方法

例:「ゆっくり行きましょう」と列車に言われた夏でした。

例:学校を卒業すると、春は黙って行ってしまうようになる。

倒置法

語句の順序を逆転させる方法

例:恐れるな。自ら選んだ、この運命を。

例:生き残る。たとえ一人でも

体言止め

最後を名詞で終わらせる方法

例:行くぜ、東北。 

例:姫の犯した罪と罰

反復法

同じ語句を繰り返す方法

例:簡単になんて伝えられない。本当に、本当に大切な気持ちだから。

同語反復(トートロジー

まったく同じ意味の語句を繰り返す方法

例:よそはよそうちはうち 

例:おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの

反照法

最初の語句を最後でまた用いる方法

例:ぼくは生きている。話せず、身体は動かないが、確実に生きている。 

反語

答えはあるのにあえて問いかける方法

例:自分の部屋で、人生なんて考えられるか?

例:どこまで行ってもいいんですか。

対句法(パラレリズム)

同じ構成の2つの文を並べる方法

例:なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。

例:音楽は彼を選び、彼は海を選んだ。  

交錯配列法

語句の構成を反転させた2つの文を並べる方法

例:生きるために食べよ、食べるために生きるな。

対照法(アンチテーゼ)

反対の表現を並べる方法

例:変わらぬものはない。失くせぬものがある。

例:何よりも君の死を恐れ、 誰よりも君の死を望む。

押韻

同様の読みの語句をリズムよく用いる方法

例:京阪のる人、おけいはん

例:メールじゃ会えない。レールで会おう。

挿入語句

括弧等を用いて補足や弁明をする方法

例:√a=18 旅路(ルート)のなかでは、人はいつも18(age)である。

省略法

三点リーダダッシュを用いて想像を膨らませたり、単に省略する方法

例:どうして旅をするのかな

頓絶法

三点リーダーやダッシュを用いて途中で発言を止める方法

例: ずっと君のことが

頓呼法

そこにいない人や物、概念に直接呼びかける方法

例:日本よ、これが映画だ。

例:世界よ、これが日本のヒーローだ!! 

緩叙法

二重否定を用いて肯定する方法

例:目立つって、悪くない

増幅法(敷衍)

より細かく説明する方法

例:顔も、名前も、住所も、電話番号も、メアドも、 (中略) 隠したいことも、忘れたいことも、知られてしまった。ただ……スマホを落としただけなのに 

誇張法

誇張する方法

例:全米が泣いた

例:この恐怖を越えた映画はいまだ存在しない

パロディ

有名なフレーズをまねる方法。

例:全米が吐いた

例:人生、山あり、川あり。  

列挙法

関連のある語句を列挙する方法。語句を連ねる列叙法の一つ。

例:緑も、空気も、私も、あたらしく。

例:裁かれるのは、肌の色か、正義か、愛か

漸層法

同じ話題に対して徐々に盛り上げる方法。語句を連ねる列叙法の一つ。

例:お父さん、怖いよ!何か来るよ 大勢でお父さんを殺しに来るよ

頓降法

盛り上げて最後に落ちをつける方法

例:使った弾丸11811 吹っ飛んだ部屋148 絶体絶命97 破った約束35 爆破したビル12 そして便器1

撞着語法

相反する表現を並べる方法

例:凶暴な純愛

例:Back to the Future 

疑惑法

2つの立場を両立させ曖昧にする方法。 

例:ああ、きもちわるくて、きもちいい。

冗語法

必要以上の説明を用いる方法。 

例:本当に大切なものはいつも失って初めてわかる

接続詞省略

接続詞を省略する方法

例:きて、みて、さわって