なにかの知識

なにかの知識

5分で学べる無駄知識

バズワードとは?わかりやすく5分で解説

バズワードとは、新しい価値観や概念等を表した曖昧な定義の流行語のこと

曖昧であるために人によって解釈が異なり結局中身は無い。単なる言葉の言い換えの場合も多い。専門家ではない人(マスメディア等)が多用することで、本来の意味からかけ離れ徐々に曖昧な言葉に変化する。

f:id:gmaj7dmaj7gmaj7dmaj7:20180722091516j:plain

IT業界

web2.0

従来の情報の発信者と受信者が一方向で固定されていたwebと違い、誰もが自由に発信者となれる新しいwebの形態を表した言葉。電子掲示板やブログ、SNSの浸透を指して、「web2.0の時代到来」といった使い方をする。

ユビキタス社会

いつでもどこでもネットワークにつながることができる社会を表した言葉。携帯電話やPDA、ノートパソコン等持ち運びやすい端末の普及を指して、「ユビキタス社会の到来」といった使い方をする。後述のIoTとほぼ同義。

クラウドコンピューティング

データを自身の端末ではなくインターネット上に置くことで、いつでもどこでもどの端末からでもデータにアクセスできるサービスを表した言葉。いけ好かない大学生があえてスタバで電子書籍を読んでいるのを見て、「クラウドコンピューティングの時代到来」といった使い方をする。

ビッグデータ

従来の技術では管理しきれなかった膨大で複雑なデータを表した言葉。多くの場合、ビッグデータを解析しビジネスにつなげるといった行為自体を指す。この行為は元々データマイニングと呼ばれており、ほぼ言い換えただけ

IoT(モノのインターネット)

あらゆるモノがインターネットにつながる社会を表した言葉。前述のユビキタス社会とほぼ同義。電気ポットの使用状況を見て高齢者の安否を確認している様を見て「IoT時代の到来」といった使い方をする。

その他

オレ流

プロ野球選手である落合博満の独特な流儀を表した言葉。たとえば独自に取り組んだフォーム改造や日本人初の年俸調停等がこれにあたるが、広義では落合がやったことであれば何でもオレ流になる。

但しその道のプロが独自の考えや流儀を持つことはざらで、落合に限った話ではない。谷沢健一の酒マッサージしかり、イチローの朝カレーしかり。独特さだけでいえば、榎本喜八の右に出る者はいないと思う。

自分たちのサッカー

サッカー日本代表がイメージする理想のサッカースタイルを表した言葉。試合後のインタビューで敗因を聞かれたとき「自分たちのサッカーができなかった」という具合に用いる。

その他「課題を見つけた」「収穫があった」という言葉を多用し、結局何の話をしているのかよく分からない。これが日本代表流、自分たちのインタビュー。

ファミコン

1990年代頃の母親が用いたコンピューターゲーム全般を表した言葉。ゲーム中に部屋の掃除をしだすのは、ゲームを曖昧に理解しているため起こる。つまり母親にとってファミコンバズワードのため。これは、修辞技法における提喩法を用いている。