なにかの知識

なにかの知識

5分で学べる無駄知識

変わり兜とは?わかりやすく5分で解説

変わり兜とは、室町時代から江戸時代にかけて流行したユニークな兜のこと

デザインのモチーフには動植物や様々な信仰等が用いられている。簡単に言うと、武将が好きなものデコりまくった兜のこと。以下にその種類と採用理由説を示す。

f:id:gmaj7dmaj7gmaj7dmaj7:20180722091456j:plain

虫系

トンボの兜

前にしか進まず退かないことから、縁起の良い生き物として勝虫と呼ばれた。ちなみに西洋では悪魔的で不吉な生き物とされる。

毛虫の兜

前にしか進まず退かないことから、また葉(刃)を食べるという習性から。伊達成実の兜が有名。

ムカデの兜

前にしか進まず退かないことから、また毘沙門天の使いとされていたことから。

動物系

サザエの兜

鉄壁の堅さ、また漢字「栄螺」に栄が含まれ縁起が良いことから。

割ったハマグリの兜

堅いハマグリを割っていることから、難攻不落を突破するという意味を込めて。

ナマズの兜

地震を起こすとされ、その巨大な力にあやかって。蒲生氏郷前田利家の兜が有名。

ウサギの兜

敏捷性に優れ、月の使者でツキを呼ぶ生き物とされていたことから。そのためよく月とコラボでデザインされている。上杉謙信の兜が有名。

鹿の兜

神の使いと言われていたことから。本多忠勝真田幸村の兜が有名。

植物系

菖蒲の兜

邪気を祓うと言われてたことから、また尚武(武を尊ぶ)、勝負とかけている。豊臣秀吉の兜が有名。

シダの兜

長寿と子孫繁栄の象徴だったことから。徳川家康の兜が有名。

信仰系

六文銭の兜

三途の川の渡し賃ということから決死の覚悟を表したもの。真田幸村の兜が有名。

金剛杵の兜

金剛力士等が持っている煩悩を打ち砕くという武器。

三鈷剣の兜

不動明王が持っている煩悩を祓うという武器。榊原康政の兜が有名。

愛の兜

戦いの神である愛宕権現、または煩悩を悟りに変える仏である愛染明王の頭文字から。直江兼続の兜が有名。

瑞雲の兜

仏教等で縁起の良い雲と言われていたことから。上杉景勝直江兼続の兜が有名。

宝珠の兜

仏教等でどんな願いでも叶うという珠。仙石秀久の兜が有名。

自然系

月の兜

月は満ち欠けを繰り返し不死の象徴とされていたことから。伊達正宗の兜が有名。ちなみに伊達正宗の甲冑はダースベイダーのモデルとなったといわれる。

富士山の兜

不死とかけているから、またご神体として信仰されていたから。武田勝頼加藤嘉明の兜が有名。ちなみに加藤嘉明の兜は富士山というよりはイカ

一の谷の兜

源義経の一の谷の戦いの活躍にあやかって。竹中半兵衛から福島正則を経由し黒田長政に渡った兜が有名。

道具系

釘の兜

堅いものでも貫くという意味が込められている。徳川家康の兜が有名。

お椀(合子)の兜

敵を飲み干すという意味が込められている。黒田官兵衛の兜が有名。

まとめ

モチーフ 理由 主な武将
トンボ 前進あるのみ 前田利家
毛虫 前進あるのみ 伊達成実
ムカデ 前進あるのみ、毘沙門天の使い 不明
サザエ 鉄壁、縁起の良い字 不明
割ったハマグリ 難攻不落を突破する 不明
ナマズ 巨大な力 蒲生氏郷
ウサギ 敏捷性、月の使い 上杉謙信
鹿 神の使い 本多忠勝
菖蒲 尚武(武を尊ぶ)、勝負とかけて 豊臣秀吉
シダ 子孫繁栄 徳川家康
六文銭 決死の覚悟 真田幸村
金剛杵 煩悩を打ち砕く 不明
三鈷剣 煩悩を祓う 榊原康政
愛宕権現愛染明王信仰 直江兼続
瑞雲 縁起の良い雲 上杉景勝
宝珠 どんな願いでも叶う 仙石秀久
不死の象徴 伊達正宗
富士山 富士信仰、不死とかけて 武田勝頼
一の谷 一の谷の戦いの活躍にあやかって 黒田長政
堅いものでも貫く 徳川家康
お椀(合子) 敵を飲み干す 黒田官兵衛